30代の肌、衰えを感じるようになったら

30代の肌、衰えを感じるようになったら

私は30代になりました。

 

肌がだんだん衰えを感じる歳になりました。まず何が違うかというと顔にはりが少しなくなってきたことです。顔ははりがあまりないし、ご飯を食べているだけで顔が疲れてしまったり、ちょっとしたことで顔が疲れてしまいます。そうするとすぐ眠くなり、休んでしまいます。

 

もう20代のころから化粧を使ったとたんに、顔が疲れてしまうのですが、30代になると、顔が化粧をしていなくてもすぐ眠たくなったり疲れてしまいます。まず顔もだいぶ歳を感じます。

 

他にもいろいろあるのですが、最近顔にしみができたり、自転車で前は余裕だったことも今はすぐ疲れてしまいます。すぐ肌や体の衰えを感じます。そうするとまたすぐ眠たくなります。どうしたらいいのか考えてみると無理しないでやるということが一番の目安でした。顔が衰えはじめたころは、顔にニキビだらけになってしまったり、顔ががさがさして皮みたいな出来物が出来てしまい大変でした。その頃は油も乾燥肌も両方持ち合わせていたので大変でした。今思えばその頃が一番大変でした。顔の衰えや、体力の衰えを感じたときはよく体を壊していたし、顔もあまりきれいではなくなりました。

 

 

20代のころから顔に少ししわがありましたが、今少し口の横に笑いしわが出来るようになりました。それがあるかないかで年齢が分かってしまいますが、あまり顔が疲れたときは顔をマッサージするようにしました。

 

 

顔は一生きれいでいれるということはないような気もしますが、年齢が10歳若く見られた私でも年齢に感じるようになりました。顔も美肌のような肌は少しあってもだんだんとなくなってきはじめています。顔がきれいとは言われていてもどうしても衰えを感じます。やはり年齢には勝てません。顔が悪いとき以外は基礎化粧品をつけていなくて、マッサージでやりすごしています。そうすることで肌を少し休めることができるし、ほんの少しだけリラックスできるようになりました。