シミのない美しいお肌を手に入れるには日焼け止めを正しい方法で

シミのない美しいお肌を手に入れるには日焼け止めを正しい方法で

シミのない、白くて美しいお肌を手に入れたいと思うなら、日焼け止めを正しい方法で使わなければなりません。

 

それは外出する時だけでなく、室内にいる時も同様です。室内でも紫外線は入り込んでくるからです。それで、外出する時はもちろんのこと、家から出ない日にもきちんと塗って、美白対策に励みたいものです。正しい使い方の一つの重要なポイントは、日焼け止めをこまめに塗り直すということです。それが、高い美白効果を得る大事なポイントとなるのです。

 

日焼け止めと一口に言っても、決して一種類だけではありません。大きく分類すると、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の二種類に分けることができます。紫外線散乱剤は肌の負担が少ない反面、パウダー状であるため汗などで落ちやすいという特徴があります。そのため、朝日焼け止めを塗ったらそれで一日中大丈夫と考えることはできません。汗をかいた日はとりわけ、こまめな塗り直しがどうしても必要となるでしょう。そうすることによって、紫外線のダメージから大切なお肌を守ることができるのです。

 

もう一つの種類は、紫外線吸収剤と呼ばれるものです。これは液体であるため、紫外線散乱剤と比べて、汗などには比較的強いという特徴があります。しかし、こちらのタイプも、一度塗ったらその効果はいつまでも同じように続くというわけではありません。紫外線吸収剤が持つ機能、つまり紫外線を肌の表面に吸収して、それを熱エネルギーに変換し、放出するという機能は、紫外線にさらされるにしたがってどんどん低下していくものだからです。やはり、紫外線吸収剤を使った場合でも、こまめな塗り直しが必要であるということです。

 

このように、美白効果を得るためにこまめな塗り直しが重要であることは分かっていても、実際行なうとなるとなかなか面倒なものです。理想としては、二時間から三時間に一度は塗り直しを行なうことであると言われているからです。特に、外出している時など、いったんメイクを落として塗り直すというのは至難の業です。そこで、是非とも習得しておきたい簡単な方法があります。それは、UV機能のあるファンデーションを使うということです。UV機能のあるファンデーションを塗り直すことによって、日焼け止めを塗り直す場合と同じような効果を得ることができるからです。

 

それで、朝しっかり日焼け止めを塗った後、二、三時間ごとに定期的に塗り直すようにしましょう。まず、お肌の表面に浮いている皮脂や汗などを軽く拭き取ります。あるいは、メイクが崩れていると感じる部分をティッシュなどで軽く押さえ、UV機能のあるファンデーションをつけるだけでOKです。手軽で簡単に、化粧直しができると同時に、紫外線対策もできるので、まさに一石二鳥と言えるでしょう。その際に、シミの気になる部分やおでこや頬といった、紫外線があたりやすい部分は重ね塗りするなら、より高い効果を期待できるでしょう。